第55回ゲストはアラスカを撮り続ける写真家!

今週は、アラスカの大自然を撮り続ける
        写真家、松本紀生さん!!


松本さんは松山出身の38歳。
書店でふと手にしたアラスカ写真家=星野道夫氏の雄大な写真に魅せられて、
アラスカで写真を撮ることを決めたそうです。その後、独学でキャンプや写真の技術を習得。現在はたった一人で一年の半分近くをアラスカで過ごし、夏は無人島で
動物やクジラの撮影、冬は氷河のかまくらで生活しながら、オーロラや雪山をカメラにおさめています。
過酷な自然の中で、毎年ひとりで撮影を続けてきたのは、広大で生命力に満ちた
アラスカにとことん惚れ込んだから!!
松本さんはそんな雄大な風景の一部を切りとって、私たちに感動を与えてくれます。
帰国中は全国各地で写真展や上映会などを開催。現在は西予市城川町の
「ギャラリーしろかわ」で、「星降る夜に想うこと-松本紀生アラスカ写真展」を
開催中。
松本さんの迫力ある写真をぜひ見に行ってくださいね!


松本紀生オフィシャルHP
http://www.matsumotonorio.com/
b0172620_10271556.jpg

[PR]

by joeufm_next_heros | 2010-05-22 19:30 | 芸術 | Trackback

トラックバックURL : http://nextheros.exblog.jp/tb/13336655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。